密ツヨガ講座 身体編

密ツヨガ講座 身体編

「あなたは強く美しい、思い出す」密ヨガの基礎として、この講座では【身体の扱い方】を学びます。

風邪などで体調が悪ければ気分も上がらない、のように身体と精神面は影響しあっています。
何かを行う際も、身体がととのっていないければ座っていることに集中できない(身体が気になる)、が起きてきます。

そのため「快適な身体をつくる」ことが重要になります。では、快適な身体に必要な柔軟性・可動性・安定性を向上させる技術を学びます。【心を引きずらない、やわらいで安らいでととのった身体】を目指します。

そしてそれは、柔軟性・可動性・安定性が良くなった体力に見合った体型…軸の安定した姿勢、バランスのよいボディライン、肩腰ハリコリなどすっきりして快適な身体へとつながっていきます。

実際に身体を動かし感覚をつかんでいくワークと、エネルギープログラムの施術、エネルギープログラムユーザー権限付与、そのプログラムを実際に使いながらのワークによって受講生それぞれが気づきや学びを得られるようにします。

速効・効果・誰もが再現可能なコツとして「5倍効果の柔軟」「柔らかい人が無意識に行っている9のコツ」「身体の元であるエネルギーにもアプローチする」密ツヨガの基盤を学んでいきます。

魔法の技ではなくコツの習得です。無意識に使いこなせるまでには、楽器の演奏や自転車に乗ることのように、ある程度修練が必要となります。


・・・・・・・・・

講座で学ぶ内容

【実習】ゆるめる

■ 柔らかい体になる概論 よくある誤解 柔軟性獲得の前に必要な「ゆるめる」こと

身体をやわらかくしよう思うと、ストレッチ(筋肉をのばすエクササイズ)をまず思い浮かべるでしょう。しかしこれは柔らかくする大きな要素のうちのひとつでしかありません。またその前提に「ゆるめる(脱力)」技術が必要となります。これが出来ないと「がんばってゆるめ伸ばそうとする」といったブレーキを踏みながらアクセルをふかすような状態になり柔らかくする目的には向かえません。さらに、ゆるめるにも複数の要素があります。そいういった「柔らかさとは」全体像と獲得の順番を学びます。

【実習】イメージ・言葉の力を体感する
【実習】ゆるめる
【プログラム】骨そのものの歪みと骨格の歪みをととのえ、奥の筋肉や膜をゆるめ、すべての領域に癒しのエネルギーが流れます。
【実習】身体が軽くなる「リンパを流す」

■ 歪みと癖をリセットする「末端から中心へ」

ゆるめのばしていく順番は身体の末端から中心へです。つまり指先・足先・頭からはじめていきます。身体は常にバランスをとっていますので、骨盤に歪みがあったとすると、大腿骨を動かし、脛を動かし、足首や足にもそのねじれがつながっていきます。ねじれは「過緊張・弱化」する筋バランスとなり、身体は弱い部分に全体をあわせバランスをとります(マイナスの筋連鎖)。ゆえに後の運動効果を高めるためには、マイナスの連鎖を解消する必要があります。(運動やってもあまりかわらなですという方は、マイナス連鎖の解消が足りないことが多いです)。歪みとマイナス連鎖を解消するには、寄木細工の箱をあけるように、閉じた順番をさかのぼり、開いていきます。

【実習】末端から

■ 5倍効果の柔軟性ストレッチ

一般的に知られているストレッチ(静的ストレッチ)は伸ばすだけのうえ、自分がよく使う部位しか伸ばせていないことがほとんどです。また関節は伸びた反対側の筋が縮みます。つまり伸びと縮み両方の能力が必要になります。加えて筋膜リリース、PNFストレッチ、筋弛緩法、以上5種類を同時に行う効果的な柔軟方法を学びます。

【実習】5倍効果柔軟法 (肩首、胸、背、脇、股関節)

■ 安定をつくる 重力との協働

私たちは地球上で重力の影響を受けて生きています。例えば、棒の端を持って水平を保とうとすると重たいですが、ちょうど真ん中・重心点で水平に持つと非常に軽く持つことができます。身体もこれと同じことが起こります。身体の中心が重心点になければ、重力負荷がかかる部位は拮抗する為に筋を収縮緊張させバランスを保ちます。このことから、ハリコリのない柔らかな身体である為には最もバランスのとれた体軸中心軸が必須となります。あなたが地球上で、安定感を持って立つ、座る、動作するための「重力」と協調し協働するコツを学びます。

【実習】バランスの取れた中心軸をつくる「圧」のコツ
【実習】瞬間的に足裏を床に吸い付くようにする方法

■ 可動性9のコツ

柔らかい身体をつくる要素のうちの大きなもうひとつ「可動性」。関節の動かし方のコツです。運動の才能がある人は無意識に瞬間的にこのコツを複数同時に応用し動いています。この身体の動かし方を分解し、ひとつづつ修習することで誰もが身につけることを可能にしました。

【実習】9のコツ
【実習】可動域をどんどん拡げるには極振りでねじねじ 股関節 肩関節

■ インナーマッスルコントロール

ゆるめる(脱力する)ことで、柔軟性獲得ストレッチへの適性を得、それにより可動性トレーニングが可能となり、その結果、筋肉や筋膜が柔らかくなり関節が広がりゆったりとした安定感が戻りました。
制限する固さがやわらいだことで、内臓位置のコントロール(バンダ)が可能となります。いわゆる、インナーマッスル「骨盤底筋トレーニング」でもあります。姿勢の基盤を思い出します。

【実習】肛門の引き上げ(ムーラバンダ) 下腹の引き上げ(ウディヤーナバンダ) 喉(ジャランダラバンダ)

■ エネルギー調整

冒頭にて思考や言葉が身体に及ぼす影響を体験しました。エネルギープログラムの施術により、あなたにとって現在不要となっている無意識の思い込みや癒されず残っている感情を解決します。まだ必要な思い込みや感情はそのままになりますので、自分がなくなってしまうといった心配はありません。またそういうものですので一度の施術で全てが解決できるわけではありません。時ともにあなたが変化すれば癒し可能な領域が増え、再度エネルギープログラム施術を受けて効果を高めることもできるものです。(エネルギープログラムのみ再施術依頼も可能→詳細こちら)

豊かで自由で幸せなあなたに変化しようとするにあたって大きなブロックである豊かさについての歪んだ刷り込みや記憶感情の解放、あなたならではの身体資質の増強プログラムを施術します。
エネルギーへの働きかけになりますので、体感には個人差があります。
エネルギープログラは遠隔施術も可能なため講座時間外で行う場合もあります。


【1-1】豊かさについての歪んだ刷り込みを検知し、解消する
【1-2】豊かさついての歪んだ刷り込み、呪術的な誘惑各種への免疫獲得

【2-1】飢えや孤独にまつわる恐怖を癒す。それらにまつわる記憶・思考を解放する
【2-2】食べ物や社会的居場所を確保し続けることに対する過剰に大変なイメージを癒し解放する。たやすく楽に十分、暮らせることを知る

【3-1】「こうでなければこの社会では~~できない。そうなれば生きていけない」と思い込んだ(真実でない)思考と、それによって感じたネガティブな感情想念の解放
【3-2】劣等感や拒絶意識のある「ステータス(ブランド物や高い学歴など)」に対するイメージ、そのステータスを得られないとおこる不利益への恐怖を検知し、不要なら手放す。そのステータスが必要だと感じるなら望んで行動すれば手に入ることを知る

【4-1】肉体の細胞と意識に、霊的進化の集大成としての本来の資質 を呼び覚ます
【4-2】その肉体ならではの際立った強み、個性を最大限に高め、強める
【4-3】DNA バージョンアップ
【4-4】人類の集合知からのノウハウインストール

【実習】まとめと復習


・・・・・・・・・

講座は3〜4時間程度で、インストラクターの裁量により前後します。

受講資格:実際に身体を動かしますので医師に運動を止められている方、妊娠中の方の受講はできません。また、お伝えする内容の性質上、身体に触れることがあります。触れられたくない場合は事前にインストラクターへその旨をお伝えください。

受講形態は、対面(講座が開催される場にて受講)のほか、インストラクターの裁量により、Skypeなど遠隔通信手段各種を用いての参加も可能です。

受講料 2万円 (遠方でのリクエスト開催の場合は別途交通費・会場費をいただく場合があります)
再受講制度あり。

一度、ユーザー権限が付与されたエネルギープログラムは一生有効です。
何度でも使うことができます。
ただし、他者へのユーザー権限の譲渡はできませんのでご了承くださいませ。
一度付与されたエネルギープログラムが不要となりましたら、ユーザー権限を抹消することができます。
もし再びユーザー権限を得たい場合は、講座を受けたインストラクターより再度新規受講をしユーザー権限を付与を受けてください。

  • 【講座開催リクエスト受付中】【1名様からOK】受講しやすくなりました →詳細へ